広告

エンジニアは、他の職種に比べると転職回数が多い傾向があります。転職を考える機会は人それぞれだと思いますが、年代別に転職理由に特徴があるようです。

周りのエンジニアの人たちは、どのような理由で転職を決めたのでしょうか。 20代での転職理由は、業務内容が自分には合わない、というものが多いようです。

この理由は全世代に共通するものでもあり、まだ経験が少ない20代では他の理由よりも割合が高くなっています。その他の理由については、あまり偏りがないようです。

30代での転職理由としては、給与面の不満が20代と比べて一気に増加しています。働き盛りの30代は職場で活躍する場面も増え、家族を持つ人も多い年齢となり、給与アップのために転職を考える人が多いようです。

また、他の年代に比べて人間関係に不満があって転職したい人の割合も多くなっています。上司と部下の間に立たされ、辛い思いをしている人も多いようです。 40代と50代の転職理由の傾向はほぼ同じで、給与面での不満が多くなっています。

経験豊富で責任のある仕事を任せられることも多く、仕事に見合った給与を求める人が増える年代といえます。また、業務内容が合わないという理由をあげる人の割合も高くなっています。現場での作業を離れ、

マネジメント業務が増えるなど、やりがいを感じていた業務ができなくなってしまうことに不満を持つ人も多いようです。 納得がいく転職をするために、求人情報を見る際に気をつけたいポイントがあります。

漠然と「エンジニア」と書かれているのではなく、何のエンジニアなのか、職種や業務内容が詳細に書かれている求人を探すことで、業務内容が合わないと感じるリスクを減らすことができます。仕事内容がなるべく具体的に書いてある求人を探しましょう。

求人にWEBエンジニアなどとしか書かれていない場合、WEBに関する全てを任される、いわゆる何でも屋さん的立ち位置になってしまうことがよくあります。 また、専門用語が正しく使用されているか、開発環境について詳細に記載されているかなどもチェックすべきです。

専門性が高い求人を出している企業は、求人募集を人事担当とエンジニアがよく連携して行なっているといえます。この場合、採用後のエンジニアの待遇も良い傾向があります。 納得して働くことができる企業に転職できるよう、求人情報をよく見て応募することがおすすめです。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *