広告

太るからダイエットの時は控えましょう!ってよく聞く話ですが、それは、大昔の常識で、近年は油は肥満にあまり関係ないという考えの医者さえいるのです。油の種類によってはダイエットを大きくサポートしてくれるモノさえあるのです。油を控えるのはダイエットには逆効果になりかねません。かと言って、どんな油でも良いという訳ではないので、どんな油がダイエットや健康に良いのか考えていきましょう!健康上、お勧めできない油としてはサラダ油やマーガリンがあります。良くない油の代表格ですね(笑)サラダ油の原料の菜種油の健康リスクを指摘する声があります。マーガリンに含まれるトランス脂肪酸も危険性が指摘されています。トランス脂肪酸を減らしたパンやマーガリンがありますが、あまりお勧めできません。マーガリンよりバターの方が栄養価が高いので、マーガリンよりバターの利用をお勧めです。バターは太ると思われますが、そうでも無さそうです。油を取っても体を造る材料に使われ、身体に脂肪として残らないという医者もあるくらいです。良質なバターは脂溶性ビタミンが豊富なので、炒め物にはサラダ油の代わりにバターを使った方が栄養的に良いと言えます。ダイエットにお勧めの油として中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすい性質があるので、エネルギー消費を促し、ついでに脂肪も消費もされて、ダイエットをしっかりサポートしてくれるのです。この中鎖脂肪酸はココナッツオイルに含まれる成分です。ココナッツオイルをそのまま摂取すれば中鎖脂肪酸も取れますし、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸を取り出したMCT(中鎖脂肪酸)オイルもはんばいされているので、中鎖脂肪酸を効率的に摂取したいときはMCTオイルの利用をお勧めします。えごま油や亜麻仁油も血流を良くしたり、中性脂肪を減らしたりとダイエットをサポートしてくれる強い味方です。世の中の加工食品には、サラダ油やマーガリンが含まれているので、完全に断つのは難儀です。そういった油を取り過ぎないことを意識して、身体によい油を取るように心掛けるだけで食への意識が変わり、食生活が改善され、健康的な体、健康的な体重へと少しづづ変化していきます。明日やろうは馬鹿野郎という言葉もあります。明日ではなく今日から食生活を見直し、健康長寿を目指しましょう!



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *