篠崎奈美子プロフィール

篠崎奈美子のプロフィール
名前:篠崎奈美子
性別:女性
年齢:39歳
生年月日:1980年2月25日
活躍場所:作曲と作詞が出来るシンガソングライター
出身地:福岡県
出身大学:ベルビュー大学 場所はシアトル

<バイオグラフィー>
1980年生まれ、J―POPが全盛期を迎えて社会現象を巻き起こしていた世代。出身は福岡県。幼少時代から音楽に憧れと親しみを持ち、小学校から合唱コンクールや文化祭におけるイベントを積極的に先導。その後も音楽へのコンタクトを続け、ハワイ大学へ留学。英語圏で言語の才能を伸ばし、動画の配信の展開を開始。自らの技能でゼロから楽曲を制作できる強みから積極的に作品を発表し、ホームページ制作や定期購買型のダイヤリー発信などのインターネットメディアにも進出。多彩なタレントと共にファンが増え、高い支持と評価を博している。成績は幼少の頃から常に一位であり、大学へは受験勉強はしないで、推薦で行くと決めていたため、みんなが怠けていた普段の通常試験でトップを取り、推薦入学で大学進学をしている。その後、その大学はブランド品をおい、コンパを繰り返す生活に飽き飽きし、中退している。その後、ハワイ大学へ留学した。その時、ラッセンのお兄さんと同棲生活を始める。その後、ベルビュー大学へ(シアトル)入学している。シアトルのビルゲイツの工場へバスで1人で見学にも行ったり、ラッセンのスポンサーの中国の人などと交流を持っていた。ハワイで、博士号の博士と交流していたことも、現在では、大きなインパクトがあったと本人は思っている。パソコンショップへ行き、小切手で100万単位でもらったり、バンクオブアメリカの口座を留学中から使用しており、送金や小切手もバンクオブアメリカで行なっていた。特に中国やアメリカへ送金を50万単位でしていたため、お金に困ったことは一度もなかったという。絵を500枚購入し、Fedexの関税が高かったと話していた。もちろんビジネスのためだったが、スポンサーともめたため、その絵は全て売却し、絵の事業は失敗に終わった。それからは、絵のビジネスは行っていない。その頃に歌詞のビジネスを同時で始める。歌詞を海外に毎日送り、何故か、それがCDになっていたため、その世界でビジネスをすることをそのころに思いつくが、既にパートナーと離れた生活をしていたため、当時は失敗したと思いこんでしまう。現在、細々と立ち上げたビジネスが社会現象などを起こすヒット商品にも、それをお金に変えるパートナーがいないため、時折、絶望感でいっぱいになるという。しかし、かなり出来る人でないと、成功やコネクションも持っていない人では無理だと思い、再婚はせず、独身のままである。もし、彼女が、成功に変える良きパートナーに巡り会えば、大成功を収め、多額の富を得ていることは間違いないだろう。それ故に、少し謙遜される女性かもしれない。何故なら、彼女には成功するだけの要素を多く持ち合わせているからである。

<音楽性>
「篠崎奈美子」が創作する楽曲はカバー曲を含め、声の力強い伸びとストレートな感情を世界観として表現する特徴を持つ。篠崎奈美子の楽曲は、篠崎奈美子の人生そのものでもある。少々複雑な家庭で生まれた彼女は、母親の離婚や父親の早逝もあり、苦しい幼少時代を送っている。彼女はその暗く鬱屈とした感情を音楽に昇華する道を見出した。彼女の楽曲はテンプレート化された偽物ではなく、彼女の魂、もっと言えば人間の本質をそのまま体現するような真実なのだ。
実際、人間という生命体はとても複雑で皮肉で、いつ、どこに落とし穴や躓きがあるかわからない存在である。病気、怪我、事故、災難、あらゆる運命が、急激な荒波となって押し寄せる事がある。篠崎もまた先ほどのような出自の経験を経て、人生の荒波を経験した。その後の彼女は音楽家としての才能を手にし、ジャニーズグループ「嵐」の音楽活動を支えるチームの一員となり、堅実なキャリアの道を歩み始めた。しかし、彼女はまた荒波に飲み込まれてしまった。外部から押し寄せるプレッシャーやトラブルが積み重なり、彼女はうつ病に陥ってしまったのだ。
だが、彼女には音楽がある。音楽が好きで、音楽を愛している。これこそが紛れもない真実である。現在、彼女は地道にブログ・ツイッター・フェイスブックなどの配信を続けており、次第に失った自分を取り戻しつつある。彼女は自分の心と向き合う方法を見出している。過去を振り返ってばかりでは何も好転しない、今、目の前にある事を、着実に、ひとつずつこなしていく。それが明日に繋がっていくのだと。
輝かしい人生、暗がりのある人生、その双方の光と陰を見続けてきた彼女の音楽性は、今こそその真実性の高まりを見せている。彼女は音楽に人の苦しみを乗り越える力がある事を熟知している。そして、その音楽を創り出す側にある者に必要なものが、才能だけではないという事も知っている。誰にも負けない努力や、誰にも経験こそが、音楽に魂とストーリーを与えるのだ。そうして出来た音楽の「厚み」は、人々から多くの共感を導く事となる。
「篠崎奈美子」の楽曲は、人生そのものだ。それが、彼女の音楽性である。

<楽曲アラカルト>
篠崎奈美子が手がけた「嵐」の2つの代表的楽曲、「トラブルメーカー」に触れよう。これらの作品の歌詞には彼女の深い魂の言葉が込められている。
「トラブルメーカー」の歌詞冒頭は「色とりどりのマスクをかぶって、偽りのキャラを演じきって」という表現である。人間とは多くの場合、本質的な自分の姿を隠して生きる。公共的な顔や姿は、自分自身の顔でないという事が多い。人間は社会や他人から求められる仮面を被らねばならない事があるのだ。しかし、時には自分自身を何よりも大切にし、世界に対してそれほど多くの悩みを持たない人もいる。あるいは、悩みを持っても何の意味もないという楽天的かつ意欲的な気概を持って、日々を生きる人もいる。こうしたエネルギッシュな人たちは、あまり多くの服や仮面をまとわない。そこで、歌詞はこう続く。「君の笑顔がやけにまぶしくて、悩みの種がどこかへ飛んだ、あっけらかんで良いんじゃない?」おそらく、これは彼女が彼女自身に向けた言葉なのだと思われる。彼女は嵐のメンバーが活き活きとショービジネス界で活動し続ける姿を目の当たりにしていた。彼らを見ながら、自分もそうでありたいと勇気をもらっていたのだろう。また、彼女のそうした感情のストレートな楽曲への封入が、間接的にファンたちに勇気を与えていた事も想像に難くない。
しかし、その後に彼女は華やかな世界から転落する。そして、また這い上がろうと努力をし続けている。苦しみ抜いたからこそ生まれる、彼女の新たな魂の言葉と音は、おそらくまた「トラブルメーカー」とは違った、鮮烈なエネルギーを持つだろう。「私だって立ち直れる、いつだってやり直せる、どこだって自分の居場所を作れる」というメッセージが、以前に増して聞き手の魂に届くに違いない。

<世界観の構築>
篠崎奈美子の音楽的な世界観は、学生時代から構築され始めた。最初に彼女が手にした武器はエレクトーンとピアノである。黙々と技能を磨き続けた後、高校で軽音部に所属、部長となって作曲を積極的に手がける事となる。その後の音楽家としてのキャリアが徐々に起動に乗り、有名な歌手からの仕事も獲得し始め、自信を確信に変えていった。
一言で「音楽家のキャリア」といっても、その形態や業界は非常に多様である。独立して個人や企業などの依頼を請け負うフリーランスのアーティスト、何らかの団体に属して安定した活動を行うアーティストと、様々だ。BGMやCM、既存アーティストへの曲提供等、依頼の内容もまた色々である。彼女の場合は、フリーランスの色が強い活動を展開した。なぜなら、彼女の音楽的技能には独立するに耐え得る、楽曲制作に関する包括的な要素をたっぷり有していたからである。
まず、彼女の武器のひとつは「英語力」になるだろう。彼女の進学先であるハワイ大学は多様性に溢れた異文化交流を行える場であり、生活・日常のレベルで生きた英語を使う機会に囲まれていた。彼女はそのお陰でネイティブレベルの英語力を獲得するに至った。言語の幅は音楽性の幅にも影響する。
次に、「作詞作曲」の能力である。歌唱力に優れたアーティストは日本国内にも多数存在するが、一般的に「作詞作曲」は他のプロに任せるケースがほとんどである。一方、彼女は作詞作曲と歌唱をトータルで行う事ができる。彼女は自分の魂と世界観をひとつの作品に凝縮し、それを歌声で包み込んで発表をする事が出来る。それはあたかも、監督・撮影・俳優・演出・製作などの全ての分野を一人でまとめあげて映画を製作してしまうような具合である。
「作詞作曲」を支える彼女の技能性にも注目したい。彼女は19歳で渡米した後、様々な音楽実務・WEB・コンピュータ関連のスキルを勉強し始めた。1996年、まだその頃はインターネットやパソコンが今ほど一般的に普及しておらず、もちろんスマートフォンも存在すらしない時代であった。彼女はそうした分野において独学での勉強を開始。ここでは特に「DTM(Cubase、Protools、Ableton、studio oneなどの音楽製作ソフト)」を深め、「パソコン1台で素晴らしい楽曲を製作できる時代」の到来を確信したという。言うまでもなく、この時に学んだデジタルスキルは、今後の彼女の活動を強烈にサポートする事となる。
これらのスキルとしての地盤形成とは別に、彼女は音楽界からの影響も多く受け続けている。まず、幼少期の彼女の世界観に影響を与えたアーティストは「松本隆」である。松本隆氏はロックバンド「はっぴいえんど」の元ドラマー、その音楽のグルーヴ感は凄まじい圧倒性があるにも関わらず、まるで夏の涼しげな風のように飄々としており、成人した彼女が聞いても古い時代を感じさせなかった。松本氏のいた当時の日本の音楽界では恋や青春などのお手軽なキーワードを並べたラブソングが主流だったが、「はっぴいえんど」の音楽性はそうしたお手軽なものではなく、そう言いながら反骨精神に溢れたものではない、緩やかな世界観なのだ。それは「本質的・普遍的」なエッセンスを含んだ音楽性である。時代が変わっても普遍な音楽性があるという事を、彼女は松本氏の世界観から学び取っている。
彼女は「Mr.Childrenのボーカル・桜井和寿」からも多大な影響を受けている。もちろん、桜井氏は1990年代の文化を象徴するミュージシャンである。彼女は桜井氏のアマチュア時代からの作品を全て調べ尽くしていると言って良い。彼から受ける衝撃もまた、彼女は先ほどの松本氏と類似する要素を見出す事ができる。「人間の居場所・アイデンティティ」という本質を追求し続けるその楽曲性は、空虚な現代社会に疲弊する人々の魂を大きく揺さぶる普遍的なエッセンスが存在している。
「音楽プロデューサーの小林武史」からの影響にも触れよう。小林氏はMyLittleLoverの元メンバー、先のMr.Childrenやサザンオールスターズのプロデューサー経歴を持つ人物だ。この小林氏が築いていた世界観もまた一貫性がある。時代に左右されない作品、真のイデアを目指すような作品、それが小林氏の方針であった。アイドルグループが歌う優しい音楽性もまた時には楽しいが、時代や世代を経てもなお魂に染み渡るような楽曲性が、篠崎奈美子に大きな影響を与えているのである。
音楽とは魂の栄養食である。篠崎奈美子はその真実に気付いている。だからこそ、本質を求め続けたい。本質を体現し続けたい。それが、彼女の世界観として備わっているのである。

篠崎奈美子さんは昔から歌が好きでした。子供のときから歌が好きで自分の歌にも誇りを持てました。小学校からは歌に関する成績をあげて、合唱コンクールや文化祭で盛り上げたりしました。大学の頃はハワイに行き、ハワイ大学に通いました。ハワイ大学はハワイだけではなく海外との文化交流もしており、異文化について心に残りました。ハワイの大学はいつも英語で話すため、英語にも力を磨きました。

この時点で英語力と歌に関する評価は高く、世界からも注目する人物でした。歌手ではなくまずは動画の配信を行いました。自分で歌を作り、音楽を作ることが出来て歌を歌うことも出来るから、これを生かし歌を動画で披露しました。これと同時に日記もつけており、今定額月300円で日記を見ることが出来ます。現在も動画は公式ホームページに載っています。

普通なら歌手を目指す人も多いですが篠崎奈美子は自分でホームページも作ることが出来る、歌も自分で作ることが出来る、音楽も自分で作ることが出来ます。インターネットではカバー曲が多いですが、インターネットの動画やホームページで活躍しているため、今はインターネットでも注目する人物として知られています。今はファンも沢山いてインターネットを騒がせています。

今からは篠崎奈美子さんの作った曲の紹介をします。無料動画サイトの中でもyoutubeを中心に活躍しており、日々アクセス数を集めています。

動画のURL:https://www.youtube.com/channel/
UCgCnEjw1oKZ0InIO30ff5Ig/featured

youtubeの動画は奈美子篠崎の名前で公開しており、カバー曲もよく配信しています。

おすすめの柴崎奈美子さんの曲 カバー曲も含める
・今は暗くてもいつか自分の歌を
動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=ipYvZFMW5tc
声が高くて少し可愛らしい曲です。篠崎奈美子さんが暗いときに聞くと勇気を持てるカバー曲です。もうひと踏ん張りポイントを掴んで歌うときれいでした。

・宇多田ヒカルのMovin’on without you
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=SYPcD0RGmt0
こちらの方が上手に聞こえます。本人も自信を持って歌えたと評価があります。

ここで思うこと、共通することがあると思います。カラオケの歌があまり上手くないのではと感じる人もいます。実際聞いていてどこか歌があっていないところや音程があっていないところがあり、気になります。でもどうしてカラオケが上手くないのにこんなに注目されているのだろうと気になる人もいるため、解説します。

2015年5月20日の記事ではもう1度元気な築崎奈美子さんを見たいという人がいました。うつ病になり会社を辞めてしまいました。会社で働いていた頃はもっと活躍しており、人気の存在でした。同じ歌手である嵐のメンバーや他の人が一緒にもう一度歌いたいと励ましてくれて、シンガソングライターとしても未だに名を知られています。Your Best Ver2は歌が上手いと言われており、歌によって歌えるものと歌えないものの差もあるように見えます。

歌が上手だったときの歌の動画がこちらになります。
動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=0T_HO7Fy1hE

歌によって差はありますが、変化があるような曲は上手です。だから人気があったと言えるのも間違いないです。

また築崎奈美子さんの母親ですが、母の離婚あったり築崎奈美子さんの父は病気で19歳で死んでしまい、両親を失ったことも暗くなった原因だと考えられます。今の築崎奈美子さんはどうしているかというと歌を歌うことよりも作曲として活躍していることがあり、築崎奈美子さんの名前が消えず、一部の人に知れ渡っています。元々歌を歌う以外にも曲を作ったりメロディの作成が得意だったのでこちらの仕事も出来るというところです。

築崎奈美子さんも同じことが言えますが、人はどこで立ち止まるのか分かりません。いつも元気なのに途中で病気になってしまい何も出来なくなる、両親が亡くなってしまい心に傷が残ってしまうことは誰でもありうることです。一度はめげた築崎奈美子さんも今作曲として努力しているのは、今も頑張りたいと思っている証拠になります。また仕事も同じように捉えて、このまま努力していくか別の才能として生きていくのか道は様々あります。

作詞として嵐のモンスターと1位と作詞としてトラブルメーカーの1位を取得しました。篠崎奈美子さんはある事件のことで悩みを抱えていました。篠崎奈美子さんは現場で作詞家として働く人間で、このとき関与していたのが嵐というジャニーズのチームメンバーでした。問題は嵐ではなく電話が来る人達のことでした。電話ではいいことも悪いことも殺到し、全ての悪いことも篠崎奈美子さん自身に降りかかるものでした。普通の人とトラブルを抱える不安さと悩みを抱える一方、嵐のメンバーには迷惑かけたくない思いばかりでした。嵐ファンが大勢いる中で嵐のメンバーと関与することを拒む人が大勢いました。嵐も篠崎奈美子さんもお互いに一緒に音楽を続けたいと思っている中、他人には理解ないものでした。この悩みを抱えたままうつ病に至り、酷く悩まされました。

篠崎奈美子さんはこれでも仕事が好き

篠崎奈美子さんはずっと仕事が好きでした。だから今も作詞の仕事や作曲の仕事をしているし、昔と同じような仕事をしています。今は地道にブログやツイッター、フェイスブックや無料動画サイトのアクセス収入を続けており、仕事の一貫として励んでいます。ツイッターにはときどき何か記録やツイートをしており、今何をしているか動画をアップしたかどうか、ときどき悩みを訴えるようなことを囁かれています。2019年4月4日はツイートの数が多くコメントしていて、「皆と一緒にいきたかった」ことを書かれていたり、仕事のことも書かれている面から仕事が今でも好きと判断出来ます。

しかし篠崎奈美子さんが母の離婚や父の病死という耐え難い状況においても現状に負けずに歌を作ったり、歌い続けたように努力をしていくことで道が開ける事はたくさんあります。くよくよしていたり目の前のやるべき事を放り出していては決して人生が好転することはありません。むしろ厳しい状況をばねにして強く生きていくことで周りの人に勇気を与える事が出来ます。

篠崎奈美子さんが人気だったのも普通の人にはなかなか起こりえないような苦しい状況でもそれにめげずに立ち向かうという自身の体験があり、そういった感情・思いが歌詞に乗り移ったからとも言えます。人は活躍している人の輝かしい一面ばかりを見て羨ましいと思いますが、実はその裏で誰にも負けない努力や誰にも経験がないような苦しみを乗り越えている土台があることが多いです。それを踏み台にするか、それともそこで踏みとどまるかは自分次第です。

そして、めげずに努力を続けていくといつか必ず良いことが起こります。例えば、ずっと喧嘩をしていた母親と仲直りをするのもそんな幸せの1つかもしれません。人は頑張っている人を応援したくなりますし、頑張っている人を好きになる傾向が強いです。篠崎奈美子さんも頑張っている姿を見せて作曲を続けるからこそそれを聞いてくれるファンがいるわけです。その頑張りを見せなくなってしまえば途端に誰も彼女の曲を聞くことはなくなります。必ずしも良い歌詞や上手い歌声だけに惹かれるのではなく、その他のストーリーに心を動かされることも人間ですからあるはずです。

また、人は苦労をすると人の気持ちが分かるようになります。先ほど前からずっと喧嘩をしていた母親と仲直りしたことについて触れましたが、これも母親が一方的に自分が頑張っている姿を見て感動してくれたり、応援してくれたりしただけでなく、自分が苦労をすることによって母親の苦労なども理解できるようになり、自ら母親に歩みよっていけたという事も関係しているかもしれません。

篠崎奈美子さんの生き方に学べる部分はたくさんあります。苦労は若いうちは買ってでもしろとよく言われますが、それが結果的には相手の心を知ることにつながったり、人から愛される自分になることにつながるのかもしれません。篠崎奈美子さんは自ら進んで苦労の多い道を選んで進んできたわけではないかもしれません。しかし、結果的に多くの苦労を積み重ねたことで篠崎奈美子という一人の女性の人としての厚みが増し、それが彼女の作る曲や彼女の歌う歌を通して伝わっていき、人々から共感を集めて人気となっていったのかもしれません。人生には山もあれば谷もあります。谷が深くなればなるほど、山の出っ張りがより際立ちます。篠崎奈美子さんのようにどんなに深い闇にも負けずに自分の特技を活かしながら人々に勇気を与えるように生きていれば時に苦労の多い人生であったとしてもちょっとした事でも幸せに感じられる人として成長していけるでしょう。ぜひ、篠崎奈美子さんの生き方を参考にして前向きに生きていきたいものです。

篠崎奈美子さんが手がけた嵐の代表ソングである「トラブルメーカー」と「モンスター」にはそれぞれ歌詞に深い意味が込められています。まずは、「トラブルメーカー」についてですが、歌詞の冒頭に「色とりどりのマスクかぶって偽りのキャラを演じきって」という文言があります。本当の自分というキャラがありながらもこういなければいけないという思いで偽りの自分でいることを表していますが、篠崎奈美子さんのこれまで経験してきたことも少なからず含まれている内容ではないかと感じます。ただし、続く歌詞に「君の笑顔やけにまぶしくて悩みの種はどこかへ飛んだあっけらかんでいいんじゃない?」というものがあります。確かにこういなければいけないという悩みはすべての人に付きまとうかもしれませんが、完ぺきな自分を演じる事よりも小さなことに悩まずに生きていこうという強さが読み取れます。篠崎奈美子さんは前述のとおり、嵐と一緒に活動を続けたいという思いを持ちながら結果的に周りからの容赦ないプレッシャーによってうつ病へといたってしまうわけですが、もしかしたらそんな苦しい状況の中で小さいことは気にせずに自分のやりたいことをやりたいという思いが芽生えて歌詞に書き表されたのかもしれません。

そして、そんな苦しい状況にありながらも今なお作曲をやめない篠崎奈美子さんは本当に自分が心からやりたいと感じる作曲という仕事、そして歌にかかわるという活動をやめないという意味でまさに周りの小さな心配ごとを気にせず強み生きている存在と言えるでしょう。歌詞のメッセージ性というのは書いた人の思いが乗り移らなければ伝わりません。しかし、篠崎奈美子さんはまさに自身の苦しい体験の中でも自らが書いた歌詞のとおり強い自分を示すべく、活動を続けています。だからこそ多くのファンがついているのだと思いますし、彼女の名前が今なお知られているのだと思います。特に華やかな世界から転落した人は立ち直るのに一般人では考えられないほどのエネルギーを要しますが、それを平然とやってのける彼女の強さには感服いたします。このような事実を知ることで嵐の「トラブルメーカー」を聞いた人は歌に勇気づけられ、小さな悩み事から抜け出し、本当に自分がやりたいことを貫くことが出来るようになるのではないでしょうか。自らの経験を歌詞に変え、それを聞いた人達を間接的に勇気づける篠崎奈美子さんの活動は本当に価値あるものだといえます。

次に、「嵐の曲」についてです。こちらは聞いたことがある人は分かると思いますが少しホラー映画に出てきそうな曲調です。しかし、歌詞をじっくりと聞いてみると愛を感じさせる歌であることが分かります。特に最後のサビに入る前のフレーズで「一万年の愛を叫ぼう生まれ変わってもまた君を探すMonster…」というものがあります。篠崎奈美子さん自身は幼いころに母と離別し、父と死別して寂しい状況の中、頑張って生き抜いてきました。そんな篠崎奈美子さんでもやはり愛する人に対する思いというのはずっと心に持ち続けていたのでしょう。そんな切ない思いを歌詞につづっていますが、非常に感慨深い歌です。篠崎奈美子さんこれまで両親との別れや嵐のメンバーとの別れといった耐え難い別れのシーンに数多く立ち会っています。そして、そんな苦しい状況でも今なお音楽活動を続けているわけですが、その経験があるからこそ、本当に大切な人を思っての歌詞が書けるのだと思います。そして、歌を聞いた人はその思いを自分の経験にも紐づけながら聞くことで共感を生むことが出来ます。篠崎奈美子さんの作曲した歌はテンポが良く元気なものが数多くありますが、その裏側に隠された悩みだったり愛情だったりに着目してみると聞き方が変わってきます。

何度も言うようですが、篠崎奈美子さんはこんなに偉大な功績を残しながらも心なき人たちからのコメントにさらされ精神的にダメージを負いうつ病になってしまいました。しかし、彼女にとってはそれすらも作曲という彼女にとって大切な作業をしていくうえでの1つのエッセンスなのかもしれません。これまでもそうしてきたように恐らくこれからも彼女が生きて歌を作り続ける限り人生の経験をさらに重ねた彼女の歌はより深い意味を持った歌となって私たちにメッセージを届けてくれるはずです。影があるからこそ人は輝きます。光だけを求めては決して光り輝くことはできません。人生が思い通りに進まないことは多々あります。時には人に邪魔されることもあるでしょう。しかし、そんな事には目もくれずに自分の目的に対してまっすぐに向かっていく篠崎奈美子さんのような素晴らしい人がいることは私たちを勇気づけてくれます。現に彼女は今もなお戦い続けています。私たちももしくじけそうな経験があったとしても彼女のことを思い出せば、そして彼女の作った歌を聞けばまた立ち上がって次こそ上手くやろうと力を振り絞ることが出来るはずです。

篠崎奈美子さんの作曲については次のようなお話があります。
篠崎さんは、悲しい生い立ちや辛い過去の経験をばねにして現在多くの良い曲を世に送り出しています。篠崎さんは学生時代から作曲を始め、特に楽器、ギターやエレクトーンを武器として作曲活動を始めました。篠崎さんが初めて作曲したのは14才でエレクトーンとギターに目覚めたのは高校生の時です。
篠崎さんは、もともと人と話をするのがそれほど得意な方ではなく、自宅で一人で黙々と作業をするのが得意だったと言います。そんな篠崎さんの得意を生かしたのがギターによる作曲です。初めは高校の軽音部に入ったことがきっかけだったのですが、ついに軽音部で部長を務めるようになり、才能を開花させました。高校卒業後は、この才能を生かして、作曲をしながら音楽活動に取り組むようになりました。初めのうちはなかなか波にのれなかったのですが、次第に有名な歌手からも仕事がくるようになり、自分の実力に自信がもてるようになったということです。
では、作曲家になるのに、篠崎さんにどのような困難があったのでしょうか。
作曲家とひとことでいってもその経緯や形態はさまざまです。音楽を自身で製作しし、アーティストに自分の楽曲を提供している人もいれば、仕事を依頼され、受注して納品するという業務委託のような形態をとっている人もいます。業務委託の携帯であれば、収益が見込みが付きますが、浮き沈みがあり、定期的にお仕事が入るとも限りません。種類もさまざまで、BGMやCMの音楽から、アーティストの曲提供まであります。BGMや音源素材などの販売をされている方もいます。
篠崎さんが進学したハワイ大学は、日本人学生にも人気が高い大学です。
世界中から学生が集まっています。そのため自然に異文化交流ができ、多くの刺激を受けることができたそうです。日常生活はすべて英語なので、流暢な英語を習得することになります。多感な時期を英語圏で過ごしたことで、日本に限らず海外にもファンがいます。
幼少時から才能を認められてた歌唱力にもさらに磨きかかり、自分の世界を確立するようになりました。自分の世界観を言葉にすることにも挑戦しはじめ、作詞にもトライするようになったそうです。発表している楽曲は自らが作詞作曲を行っています。
歌唱力があるシンガーは日本にも数多く存在しますが、一般的に作詞作曲は他のプロに任せるケースが多いですが、篠崎さんは自らがおこなっています。篠崎さんは作詞作曲も自分で行って美しい声で歌うことができるのが一番の魅力です。。
自分の世界観をひとつの作品にまとめあげ、歌声で包んで発表しています。
これまで様々な世界に触れてきた彼女はペンネームを使って活動していたこともあります。

良く芸能人でも、芸名などを使っているので、そのようなものです。
ペンネームを使用して活動しているときに彼女の存在を知った人は、その後実はシンガーソングライターでもあったことを知ることになります。
溢れる才能に魅了された人々が徐々に集まり、大きなファン層をもつようになりました。
現在篠崎さんが力を入れているのがインターネットを利用した配信サイトだそうです。今は多くのファンを持つようになりました。

動画配信サイトからファンの人に新作を届けています。
動画配信サイトを持っていると、インターネットに接続できれば誰でもパソコンやスマートフォンを利用して音楽を楽しむことができますので、是非篠崎さんの音楽を聴いてみてくださいね。
篠崎さんは、19歳で渡米し、様々な音楽経験やWEBについて勉強し、日本に帰国しました。1996年には、WEBが一般に普及していない頃にコンピュータを購入し独学で勉強し始めました。その時は、まだ画面も小さく、入力は日本語ではなく、キーボードは全て英語入力でしたそうです。その時、英語で勉強することが必要だと感じたのがきっかけです。その時使用していたのは、一番ヴォーカルで慣れたProtoolsやガレージバンドを使っていました。、どのソフトでもここに掲載してある知識は使えます。デスクトップミュージックは要約するDTMのことです。2000年代後半から流行し、気軽に誰でも機材があれば始めることができます。パソコン一台あれば素晴らしい楽曲を作れる時代になったと実感したそうです。
現在自身のサイトでDTM初心者講座が始まりました。音源もサンプルがあり、わかりやすいです。
今ではYoutube投稿などをするのが主流になってきてます。DTMはソフトは多くあり、選べることからご自分にあったソフトを購入すれば自身でも可能です。CubaseやProtools、Ableton、studio oneなど多くあるので人気です。
DTM及び作曲サイトやYoutubeに多く投稿しています。ご覧になって楽しめるコンテンツ作りを目指し楽しいサイト作りをしています。
このように篠崎さんのいろいろな魅力をご紹介してきました。素晴らしい音楽の提供者、プロヂューサーであるとともに、自分自身も歌を歌い、いろいろな音楽活動に積極的に参加しています。是非篠崎さんのサイトをご覧ください。

先回に引き続き篠崎奈美子さんの現在に繋がるこれまでの経緯や経歴についてお話していきたいと思います。篠崎さんと言えば、やはり繋がりが深いのは音楽ですよね。今、歌手、作詞作曲家などさまざまな音楽活動に携わるようになったのは、学生時代や若いころから多くのミュージシャンや音楽家、プロデューサーなどから影響を受けたからです。次のような人たちから影響を受けたそうです。
一人目は、松本隆です。松本 隆さんといえば、言わずと知れた有名なロックバンドはっぴいえんどの元ドラマーです。音楽的にはビートルズの影響を強く受けたそうで、70年代を代表するニューミュージックの草分けです。
プロとしてのスタートは、細野晴臣さんに誘われて参加した“エイプリル・フール” というバンドでした。レコードの発売当日に解散を発表するという前代未聞の事件も世間をにぎわせましたよね。この時代の音楽シーンは、大変活況で、グループサウンズが流行った後、コピーハンドなども人気となりました。篠崎さんはこの時代にはまだ幼少期で直接的な影響を受けたというよりは、後に音楽活動を始めてから、この時代の音楽のグルーブ感や古い時代を思わせない色あせない音楽性に惹かれたといいます。時代が変わっても不変の音楽性の良さに惹かれたそうです。

この時代の音楽と言えば、の歌謡曲やフォークは、恋や青春などのキーワードを並べただけのラブソングが多かったのですが、はっぴいえんどは、単なるラブソングでもなく、かといって時代に反発するような反骨精神あふれる音楽でもなく、かるで風のようなさりげない日常を歌った音楽でした。身近にある風景や出来事をなにげなく曲にのせていく音楽。これがはっぴいえんどの音楽です。代表的な曲としては、「夏なんです」や「風をあつめて」などがありますね。
二人目は、ミスターチルドレンのボーカルである桜井和寿です。篠崎さんが学生時代をすごす1990年代を象徴するミュージシャンとして人気がありました。篠崎さんも学生時代はよくミスターチルドレンの音楽を聴いてすごされたそうです。
。アマチュア時代から一貫してMr.Childrenの楽曲のほぼ全ての作詞、作曲を手掛けていることでもしられています。 Bank Band(2017年からはコンセプトを変更した「Reborn-Art Session」名義としても活動。)のボーカル・ギター、ウカスカジーのボーカルとしても活動しています。このような活動に篠崎さんも影響を受けた一人です。
そしてミスターチルドレンといえば、時代を越えて今も愛され続けています。今年メジャーデビュー25周年を迎えたMr.Childrenのツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』が、9月9日に閉幕しました。6月10日から始まり、全国各地のドームとスタジアムをまわった全15公演の本ツアーは、計約70万人を動員するなど今なお人気があります。
そのように、年々モードを変化させたり、常に新たな試みにトライするなどのことも篠崎さんが彼らを愛し続ける理由となっています。表現者としての進化を自ら止めないMr.Childrenの象徴であるのが桜井さんの音楽観です。バンドの軸としてずっと変わらないことがそこにはあるので。それは、誰しもが自分のことを肯定したくて、肯定されたくて生きているこの世の中において、いつの時代も、聴き手と、裏側ではその曲の歌い手である自分自身をだったそうです。このような桜井さんの音楽観に篠崎さんも共感を感じたそうです。

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』は、そのタイトル通り、ファンに対する「感謝祭」の意図が込められていました。ですが、ミスチルは、25年は、決して順風満帆だったということではないのです。初めてオリコンチャートトップ10入りした“CROSS ROAD”を演奏する前には、「一生大好きな音楽をやっていたいという理由から、売れたくてしかたなかった」と、桜井は当時の気持ちを振り返っています。さらに“1999年、夏、沖縄”が歌われたときには、「1999年に世界が滅亡したら、それはそれでラッキーだなって考えていた」「デビュー10周年のときは、今聴いてくれているファンは、どうせすぐにいなくなっちゃうと思ってた」と桜井さん自身もかたられています。このように紆余曲折を経て、今の地位を成し遂げました。
そして、25年間が楽しい出来事ばかりではなく、迷いながら日々を重ねてきたそのような日々が篠崎さんが共感をしている理由だといいます。
三人目は、音楽プロデューサーの小林武史です。小林さんと言えば、My Little Loverの元メンバー。Mr.Childrenのプロデューサーだったが、現在は同バンドのプロデュースからは離れていますが、今も音楽活動では多くの著名な人々とのつながりをもっていらっしゃいます。90年代を代表する音楽家です。90年代はじめは桑田佳祐やサザンオールスターズのプロデュースを行い、90年半ばになると、Mr.ChildrenやMY LITTLE LOVER などを手がけました。このような時代に篠崎さんは音楽への関心をますます深めることになります。
このように主に3人の人に篠崎さんは影響を受けたそうで、今の彼女の音楽観は彼らに繋がっているんですね。