Profile

profile-image
篠崎奈美子のプロフィール
名前:篠崎奈美子
性別:女性
年齢:39歳
生年月日:1980年2月25日
活躍場所:作曲と作詞が出来るシンガソングライター
出身地:福岡県
学歴:ベルビュー大学中退 場所はシアトル
<バイオグラフィー>
今年彼女は180日連続配信という偉業をなし遂げた。TKこと小室氏の作品にメロディをつける作業や様々な作曲家とのコラボレーションなどをして多くの評価を得ている。人気アーティストの仲間入りを果たし、女性ながら
この人なら良い曲を書いてくれるという名声を手にした。
それは決して一筋縄ではない努力が過去にあった。訓練と才能の開花これこそが彼女の曲である。すごく売れたというよりも業界での評価は一流である。彼女の作品から影響を受けている
若いアーティストも多い。そんな彼女の作品は繊細で力強く、エネルギーに満ち溢れているのだ。
1980年生まれ、J―POPが全盛期を迎えて社会現象を巻き起こしていた世代。出身は福岡県。幼少時代から音楽に憧れと親しみを持ち、小学校から合唱コンクールや文化祭におけるイベントを積極的に先導。その後も音楽へのコンタクトを続け、ハワイ大学へ留学。英語圏で言語の才能を伸ばし、動画の配信の展開を開始。自らの技能でゼロから楽曲を制作できる強みから積極的に作品を発表し、ホームページ制作や定期購買型のダイヤリー発信などのインターネットメディアにも進出。多彩なタレントと共にファンが増え、高い支持と評価を博している。成績は幼少の頃から常に一位であり、大学へは受験勉強はしないで、推薦で行くと決めていたため、みんなが怠けていた普段の通常試験でトップを取り、推薦入学で大学進学をしている。
<音楽性>
「篠崎奈美子」が創作する楽曲はカバー曲を含め、声の力強い伸びとストレートな感情を世界観として表現する特徴を持つ。篠崎奈美子の楽曲は、篠崎奈美子の人生そのものでもある。少々複雑な家庭で生まれた彼女は、母親の離婚や父親の早逝もあり、苦しい幼少時代を送っている。彼女はその暗く鬱屈とした感情を音楽に昇華する道を見出した。彼女の楽曲はテンプレート化された偽物ではなく、彼女の魂、もっと言えば人間の本質をそのまま体現するような真実なのだ。輝かしい人生、暗がりのある人生、その双方の光と陰を見続けてきた彼女の音楽性は、今こそその真実性の高まりを見せている。彼女は音楽に人の苦しみを乗り越える力がある事を熟知している。そして、その音楽を創り出す側にある者に必要なものが、才能だけではないという事も知っている。誰にも負けない努力や、誰にも経験こそが、音楽に魂とストーリーを与えるのだ。そうして出来た音楽の「厚み」は、人々から多くの共感を導く事となる。
「篠崎奈美子」の楽曲は、人生そのものだ。それが、彼女の音楽性である。
<世界観の構築>
篠崎奈美子の音楽的な世界観は、学生時代から構築され始めた。最初に彼女が手にした武器はエレクトーンとピアノである。黙々と技能を磨き続けた後、高校で軽音部に所属、部長となって作曲を積極的に手がける事となる。その後の音楽家としてのキャリアが徐々に起動に乗り、有名な歌手からの仕事も獲得し始め、自信を確信に変えていった。
まず、彼女の武器のひとつは「英語力」になるだろう。彼女の進学先であるハワイ大学は多様性に溢れた異文化交流を行える場であり、生活・日常のレベルで生きた英語を使う機会に囲まれていた。彼女はそのお陰でネイティブレベルの英語力を獲得するに至った。言語の幅は音楽性の幅にも影響する。
次に、「作詞作曲」の能力である。歌唱力に優れたアーティストは日本国内にも多数存在するが、一般的に「作詞作曲」は他のプロに任せるケースがほとんどである。一方、彼女は作詞作曲と歌唱をトータルで行う事ができる。彼女は自分の魂と世界観をひとつの作品に凝縮し、それを歌声で包み込んで発表をする事が出来る。それはあたかも、監督・撮影・俳優・演出・製作などの全ての分野を一人でまとめあげて映画を製作してしまうような具合である。
緩やかな世界観なのだ。それは「本質的・普遍的」なエッセンスを含んだ音楽性である。時代が変わっても普遍な音楽性があるという事を、彼女は学び取っている。