広告

介護職に転職する際に押さえておきたいポイント

「人と関わることが好きだから介護職をやってみたい。」という思いから介護職への転職を考えている方もいらっしゃると思います。しかし、なかには「資格も持っていないし、経験もないから転職しても上手くできるか不安。」という方も多いでしょう。そんな方のために介護職に転職する際に押さえておきたいポイントを解説していきます。

~そもそも介護の仕事って何をするの?~
「介護職というと障害者や高齢者のお世話をするということは分かるけど、詳しくは分かそう思っている人は多いと思いますので仕事内容をご紹介します。

~介護職の仕事内容~
食事準備および食事介助
利用者さんの要望に応えて食事を作ったり(食事準備)ご飯を食べさせたりします。(食事介助)※食事介助をする際は誤嚥させないように注意しなければいけません
排泄介助
いわゆる、トイレのお世話です。介助しなければいけない範囲はその人の状態によりますが、転倒しないように注意しなければいけません。
身の回りの世話
その他 利用者さんから依頼された要望
主な仕事内容は、これら3つですが利用者の外出をサポートするガイドという業務もあります。※別途資格を取得する必要があります。
☆介護職は、車椅子を扱いますので車椅子の作方法も勉強しておくと良いでしょう。
このように相手の立場に立って考えて取り組んでいくことが大切です。

~求められる技術・心構え~
○技術
握力・腕力
介護していく中で利用者さんを抱えなければいけない場面がたくさんありますので、ある程度の腕力が必要になります。ですので、日頃から鍛えておきましょう。
口腔ケア
利用者さんの口腔ケア(歯磨き)も仕事の一つですので、綺麗に歯を磨くことができるように練習しておきましょう。

○心構え
思いやり
介護職は、人と密に接するお仕事ですので、相手のことを考える事ができる思いやりの心が必要です。

観察力
相手が何を必要としているのかを察知できる観察力が必要です。
このように介護士には技術と心の両方が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です